タイミングは『今』です・・・

もうとっくに梅雨入りした新潟ですが・・・
今日はご覧の通りの快晴です。

こんな日にしか、できないことと言えば・・・

一発仕上げの『土間コンクリート』打設です。

打設前に、たっぷりと散水してから・・・
ポンプ車で端から順に、少しずつ打っていきます。

と言っても・・・
早く仕上り具合を見たくて、ウズウズしているのですが・・・
ジッと我慢です。

最後の車両で生コンを調整して打ち終わり、ようやく全貌が見えてきました。

しかし、ここで終わると、『均し』で終わってしまうので・・・
まだ最後の大仕事が残っています。

それは、この『金ゴテ押え』です。

ほどよい感じに、表面の水が引いてきたところで・・・
左官屋さんが一斉に動き出します。

そうです。
押えのタイミングは『今』なのです!

表面を上から力を込めて金ゴテで押えることによって・・・
ツッルツルのピッカピカなコンクリート面になります。

しかし、ここまでは、プロの左官屋なら誰でもできます。

自分で言ってしまうのも、どうかとは思いますが・・・
弊社の真骨頂は、この絶妙なライン。

そう、この『水勾配』なのです。

それにしても・・・
今回の勾配には、最後まで悩まされました。

まず一点は・・・
間口の左右で300㎜以上の高低差。
(まあ、よくある程度なので、問題なし。)

次に・・・
建物と道路境界線が平行ではなく、斜めになっている。
(少し厄介だけど、長方形の敷地なんて何処にもないから大丈夫。)

そして、最後の難関がこの・・・
ポーチ前にある乗入用境界ブロックの高低差です。

新潟市により、乗入の切下げ幅は6m以内と決められているので・・・
玄関アプローチの正面がこんなことに。

それらをすべて、見事に収めたという・・・
『自画自賛』の一日でした。

タイミングは『今』です・・・”に関する2件のコメント

  1. 笹川

    いつもありがとうございます。
    丁寧に家作りをされている様子
    が感じられます。
    今後も期待しております。
    家作りに夢が膨らみます。

  2. 社長

    記事の著者

    笹川様
    こちらこそ、いつもご覧いただきましてありがとうございます。
    当ブログが、家づくりの一助になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA