スリッパラック(ちなみにスタッフ用)について・・・

最近、春を感じる陽気が多くなりましたね。

アーキレーベルの事務所にも・・・

気持ちの良い日差しが差し込んできています。
良い季節になってきました。

さて、今回は・・・

アーキレーベルの裏側をちょっとご紹介です。

ここはスタッフの出入口なんですが・・・
このようにスリッパを置いておく『ラック』があります。

階段のようになっている、というか・・・
ハシゴのような棚式、というか・・・
とにかく、使い勝手の良いこちらのラック。

実は、社長が作ってくれた棚なんですよ。

『我が社長、ササッと作るよ! スリッパラック。』

ちゃんと色も塗ってあって、ガタつきもなし!
さっすが社長、細かいところまで手抜きなし!
(ここまで書けば、この間みたいに現場帰りにお菓子を買って帰ってきてくれるかな~。)
なんて、浅はかな考えが頭をよぎります。

それはさておき、こちらのラック。
スタッフみんなで、日々ちゃんと指定の場所に収納して使っております。

しかし、見ていただくとお分かりのように・・・
一番上、空っぽですよね。

ここは、社長の場所なのですが、いつもスリッパがありません。

というか、社長はいつも靴下のままです。
(宮越さんとの打ち合わせ中に隠し撮りです。)

「床暖房が気持ちいいので履きたくない」とのことですが・・・
あっ、よく見ると、宮越さんも靴下になっていました。

では、前の事務所で履いていたスリッパ(サンダル)は、いったい何処に行ってしまったんだろう・・・?

なんて、白々しく書いてみましたが、理由は知っています!

それは、以前社長が使っていた愛用のサンダルを・・・
皆で使う『玄関ツッカケ』へと転用したからです。
(履かないなら、有効利用したろと・・・)

社長が承諾したかどうかは、今はもう忘れてしまいましたが・・・
来客時の玄関ドアの開閉時に使わせていただております。

そして、空席となった社長の棚は・・・
『現場に持っていく、忘れちゃいけない物!』置場として、使っているのでした。

こうして、アーキレーベルでは・・・
社長の私物が、いつの間にか『みんなの物』になっていることがあります。

SAKATA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA