複雑になればなるほど・・・

いよいよ『雨のシーズン』がやって来ました!
先週は、早くも九州や四国で梅雨入りしたようですし・・・

この様子だと、新潟も例年よりも早い梅雨入りとなりそうです。

そんな6月の始まりに、(まだまだ晴れている)ここ新潟市北区の現場では・・・

基礎工事の掘削を開始しました。

掘削を進めていくと、地盤改良工事で打設済みの杭頭が顔を出します。
(いいえ、『頭』でした。)

今回の基礎もハンチ仕様のべた基礎なので、それだけで複雑なのですが・・・
さらに複雑にしている要素があります。

それは、ガレージ部分のこの『深基礎』です。
この高低差が、いかにも大地に根を張っているという感じで安心感があるのですが・・・
掘削は難しいです。

そして、さらに複雑にしているのが、5種類も存在する杭頭天端です。
最も深い杭頭でGL-600㎜、最も浅い杭頭でGL-80㎜なのですが・・・
そこからさらに、捨コンがあるかないかで50㎜の差があったりします。

複雑になればなるほど、設計通りにうまく行った時には・・・
感激もひとしおです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA